債務整理 弁護士費用

債務整理の弁護士費用の相場はどの位かかるのか?

債務整理をしようと思った時、弁護士費用の相場が分からない事には、段取りするにも手配も計画も立てられないですよね。

 

 

そこで今回は債務整理の弁護士費用の相場が一体どの位かかるのか調べてみました。

 

 

このおおよそかかる費用を把握する事で、どのような手順を取るべきなのか、もだんだん見えてきます。

 

おおよその費用が分からないままだと、旅行に行きたいけどどこにいくと幾らかかるのか分からない状態と全く同じですので、早速ご確認下さい。

 

 

債務整理の弁護士費用を比較する前に相場は一体どの位なのかを把握

 

 

債務整理の弁護士費用を比較する前におおよその相場を知るのが一番大事です。

 

 

弁護士さんの費用というのは、特に上限が決まっておらず、大幅に違ったりするので、何も知らずに相談してしまって高い金額を言われても、そんなもんなんだろうなぁと比較の材料が無いので、気がつかなかったりする為です。

 

 

債務整理の弁護士費用ですが、弁護士費用によって変わって来ます。

 

 

債務整理は、裁判所を通して手続きを行う、特定調停、個人再生、民事再生、自己破産、そして、裁判所を通さないで弁護士さんと借入先が相談によって支払いを仕切りなおして払っていく任意整理です。

 

 

基本的にこのどれを選ぶかの種類と(手続きにかかる諸費用・切手・印紙)、その手続きを行うにあたっての手間、そして手続きをしようと思ってる借入れ件数これによって費用が異なって来ます。

 

 

費用も個人だと30万円前後〜が相場ですが、会社の方がもちろん規模が大きかったりするケースが多いので、会社規模になって来ると費用も大きく変わって来ます。

 

 

現在も残債がある場合は安くても30万円前後かかる事がほとんどですが、業者さんに借金の残債があるかどうかによっても変わって来ます。

 

 

特に完済済みの債務に対して過払い請求をする際は、最初に手持ちで用意する費用が小さく、過払い請求した中から手続きにかかった費用を相殺して、あなたに振り込まれるケースが多いです。

 

また債務がある場合、そもそも借金の返済が難しくて、債務整理を選ぶのに、債務整理を始めるのに30万円前後の費用を用意しないといけないとなるとすごくハードルが上がります。

 

 

これは普通に借金をしてない人より一括で用意するとなると、相当難しいです。

 

 

その為、債務整理にかかった費用は、分割で払い込むケースがよくあります。

 

 

ですから、債務整理の弁護士費用は、なんとか支払いをどうにか解決したいけど、弁護士さんに今スグ、そんなまとまった費用を用意しなければいけないのか?それなら無理じゃないのか?心配する必要はありませんのでご安心下さい。

 

 

債務整理の弁護士費用を比較する前に知っておくべき事

裁判所

まず法律を相談するにあたって、債務整理の弁護士費用と司法書士さんを、比べる方も、よくいらっしゃるのですが、どちらに相談しても最終的な費用に大差はそうないです。

 

 

ただ弁護士さんの方が手続きがスムーズで、最終的に安くつくケースが多いのも弁護士さんの方が多いです。

 

 

その理由はいくつかあるのですが、司法書士さんの場合140万円を超える債務の場合相手との交渉する為の権利や訴訟代理人(そしょうだいりにん)の権限がありません。

 

 

要するに、あなたに変わって裁判所等で戦う事が出来ないのです。

 

 

ですが弁護士さんであれば、金額の制限がなく、また裁判所であなたに変わって法律を知り尽くしたスペシャリストが、貸金業者さんと戦う事が出来るのです。

 

 

これが後々どういう事に繋がるのかというと、貸金業者さんからすると、弁護士さんが過払い金を請求したりすると、本気で動き出してしまうケースがあり、それに対抗する為には、貸金業者さん達も弁護士さんに依頼する必要が出てきます。

 

 

そうなって来ると貸金業者側は今までの債務が回収できない、もしくは裁判等により予定どうり回収できなくなる上に、弁護士さんに貸金業者さん側も依頼する必要があるのです。

 

 

するとそこでも余計な経費が掛かってしまうので、できるだけ裁判に持ち込まれて戦う事を、業者さん側はしたくないのです。

 

 

となるとどうなるかというと、大抵の業者さんはなんとか和解で早くすみやかに解決したいと考えて来ますから、弁護士さんの方がこちらの提案を飲んで貰いやすくなります。

 

 

また、司法書士さんの場合、過払い金等が発生してる際、取り扱える債権の上限に限りがあるので、上限いっぱい迄の回収が出来なかったりします。

 

 

ところが弁護士さんの場合は、全くその様な上限も一切ありませんので、100%上限まで回収して頂けるのです。

 

 

また任意整理以外を選ばれた際、裁判をもって債務の支払いを相談して行きます。その時に司法書士の方だと、あなたの変わりに代理人になる事ができませんので、裁判所に出廷したりして、全部あなたが対応しないといけません。時間も手間もかかります。

 

 

平日に呼ばれる事が多いのですが、仕事をしながら度々、あなた自身が裁判所に出向く事も難しいと思います。

 

 

会社勤め等の場合、度々、今日は○○で。と休まないといけませんし、あなたの不利になってしまう質問の回答をしてしまう事だってあります。

 

 

時間も手間もかけず、安全に債務整理をするには、弁護士さんにお願いするのが安全なのです。

 

 

更に裁判所を通した場合、司法書士さんの場合、手続きを申請して、手続きが完了する迄に裁判所によってもかかる時間は違いますが、大体半年位かかります。

 

 

これはあなたの変わりに代理人になる権限が無い為に手続きに時間がかかってしまうのです。

 

 

ところが弁護士さんの場合、あなたの変わりに代理人になれる事で、申請をした当日に手続きができてしまう即日面接を行って手続きを簡単にする事ができます。

 

 

また財産等があると分かった時は、その財産をちゃんと隠したりして無いか、またちゃんと売却する為に管財人が必要になります。

 

 

この管財人に通常は、大体少なくとも50万円以上の費用が掛かるのですが、弁護士さんが間に入って手続きをしてくれると、あなたの変わりに代理人になってくれるので、少額管財事件の手続きができるので、この予納金が20万円と大幅に安くなるのです。

 

 

ですので、債務整理をする際は、弁護士さんに頼む方が、あなたにとって圧倒的に都合が良く、手間も時間もかからず安全に手続きができるのです。

 

 

債務整理の弁護士費用を支払って借金を解決したいケースでの知恵袋の相談

債務整理の弁護士費用を支払ってこれから借金を解決したい方で多い質問は、

 

・費用を必要以上に取られてしまうのでは?

 

 

と思ってる方がいらっしゃるみたいですが、確かにTVやラジオ等でCMをしてる法律事務所というのは、膨大な広告費をかけていますから、できればTVやラジオでは聞いた事は無いけどインターネットではちゃんとしたページがあって相談に乗ってくださるところの方が良いです。

 

 

掛かった広告費を回収していく為に、必ずその分上乗せされていて、TVやラジオでCMをして数多く請負ってるからその分安くできますなんて事はまずありえません。

 

 

多かれ少なかれ必ず広告費の回収というものが依頼した際の請求の中に含まれていないと事業として成り立たない為です。

 

 

・債務整理に必要になる弁護士費用を支払えるのか心配

 

 

債務整理の弁護士費用を払えるのかが心配という方も多いです。

 

 

確かに債務整理を相談する時等は、本当に返済するお金が無くて相談する事態が多く誰もが債務整理の弁護士費用を支払えるのかな?と不安になる程です。

 

 

弁護士さんの中には、債務整理の費用を分割払いで対応してくださったり、過払い請求の中から差し引いて下さったりする法律事務所もありますので、そのあたりはしっかり話をして相談すれば何なりとあなたの無理のない支払いの方法を提案して下さるケースが多いです。

 

 

・債務整理で弁護士費用を支払うにあたり無職ですが、仕事をしてる事にしたらダメですか?

 

 

債務整理を依頼する際、自己破産をする際は無職でも自己破産の申請を出す事はできます。

 

 

元々は仕事をしてたけど、財政が悪化して生活保護を受ける様になって、やがて破産するケースもありますので無職だから自己破産はできないという事はありません。

 

 

ただ自己破産以外の債務整理、調停や任意整理の場合は、今後支払う金額を利息制限法に基づいて再計算し余分な利息を元金に充当して、今までの返済よりも長い期間(5年程)かけて支払っていく約束をします。

 

 

その際に無職だと借入先の業者さんも、いくら本人に支払う意思があったとしても無職なら無理でしょ?という事で相談に応じて貰えませんし、裁判所を通す場合も許可が下りません。

 

 

無理矢理嘘をつき通して、会社で働いてる事がごまかせたとしても、結局今後の借金の残債の支払い方法が成立した後にスグに払えないとなると、一括請求を求められたり、債務整理でダメなら保証人を付けてくれといった要望を出されたり、今スグ全額返金して下さいといった事に鳴りかねません。

 

 

仕事をしてる事をごまかして債務整理の手続きをする事は裁判所から許可が下りたり、任意整理で和解が成立したりした後スグ直後に、話し合いが無かった事になってしまい、何の為に債務整理の費用を支払って手続きをしたのか意味が分かりませんので、その場しのぎで嘘をついて仕事をしてる事にする等は絶対にしない方が良いです。

 

 

手続きにかかる、お金も時間もますます無駄になります。

 

 

ひとまずアルバイトでも良いので、今後の生活の為にも仕事を見つけてから手続きをする方が良いです。

 

 

 

債務整理を弁護士さんに頼むと一体いくら取られるのか?

債務整理を弁護士さんに頼むとまず着手金というのがあります。

 

 

着手金はあなたの借金の請求を受任しましたから私が変わりに対応しますと借入先に伝えていく事から始まるのですが、この着手金には上限がありません。

 

 

その為、着手金の高い所、安い所がありますが、大きく前後するのはこのあたりです。

 

 

その他の報酬金という部分に関しては上限がありますので、そう大きく変わる事は無いです。

 

 

報酬金には基本報酬額、過払い金報酬、減額報酬金等があります。

 

 

あとはその他手数料がかかります。

 

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求がありこの4パターンによって金額は変わって来ます。

 

 

まず任意整理の場合、着手金は5万円前後、また減額の10%前後を報酬として貰うところが多いです。

 

 

個人再生の場合、着手金がおおよそ20万円から30万円前後、また減額の10%から20%が債務整理で個人再生を依頼した際の弁護士さんの報酬(費用)となります。

 

 

破産の場合、着手金がおおよそ20万円から30万円前後です。

 

 

破産の過程で希に貸主が訴訟を起こす事がありますが、その際は別途弁護士さんの費用が必要になります。

 

 

基本的には訴訟を起こすにもお金がかかりますし、相手も弁護士費用等がかさみますから、よほど納得がいかない様な事が相手にない限りそう頻繁に訴訟は起りませんが、絶対に無いとも言い切れません。

 

 

過払い金請求の場合は、1件ずつ着手金がかかるケースが多いです。

 

 

個人か法人化によっても着手金が違います。

 

 

大体1社を過払い金請求するごとに個人だと5万円から10万円前後の費用が必要になり、借入をした時事業を営まれていた場合は金額も大きくなりますので、最大50万円前後になります。

 

 

また過払い金を取り返せたとして、その金額の20%位迄が弁護士さんに支払う成功報酬の費用となります。